スポンサードリンク

糖尿病の種類

糖尿病は、インスリン依存型糖尿病とインスリン非依存型糖尿病に大きく分類されています。
インスリン依存型糖尿病は、「1型糖尿病」とも呼ばれ、インスリン非依存型糖尿病は、「2型糖尿病」とも呼ばれています。インスリン依存型糖尿病とインスリン非依存型糖尿病の他には、妊娠糖尿病や「遺伝子の異常や他の疾患が原因である糖尿病」があり、糖尿病は4つの種類に分けられています。

スポンサードリンク

糖尿病の分類

1型糖尿病

インスリン依存型糖尿病。

15歳未満の子供に多い。
インスリンを作る膵臓のランゲルハンス島のβ細胞が破壊され、インスリンが分泌されない(欠乏状態になる)ことによって起こる糖尿病が1型糖尿病。
1型糖尿病は、子供の頃に始まることが多く、小児糖尿病やインスリン依存型糖尿病と呼ばれています。
膵臓のβ細胞の破壊の原因には、ウイルス・感染症・自己免疫疾患・肝疾患・遺伝子の異常などが関係しています。
治療法としては、インスリンの分泌がないためにインスリン注射や薬物治療で、ブドウ糖(血糖)を脳細胞や骨格筋細胞に取り込めるようにします。
Ⅰ型糖尿病の患者数は全体の約5%です。

2型糖尿病

非インスリン依存型糖尿病。

生活習慣との関係が多く40歳以降に発症する。
膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌されるインスリンの量が少なくなって起こるものと、インスリンは分泌されてもインスリンの効きが悪い(インスリン抵抗性)ために、ブドウ糖(血糖)が脳細胞や骨格筋細胞などに取り込まれない糖尿病。

食生活や生活習慣と密接に関係しており、過食・肥満・ストレス・運動不足・過度の飲酒や素質としての遺伝体質が関係しています。
治療法としては、食事療法や運動療法とインスリン注射や薬品が併用されています。
2型糖尿病の患者数は全体の約95%です。

他の原因で発症する糖尿病

遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫異常などの他の病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるものや、薬物が原因となる場合もある二次的な糖尿病です。
原因が特定されているため、原因となるものを治療すれば、発症している糖尿病も改善されます。

妊娠糖尿病

妊娠中に発見された糖尿病であり、新生児に合併症が出ることもあります。

このように、糖尿病にはいくつかの種類がありますが、圧倒的に多いのが2型糖尿病(非インスリン依存型糖尿病)です。
40歳以降に多く発症し、加齢と共にその人口は増えていきます。
2型糖尿病は急に発症するものではなく、ゆっくり時間をかけて進行していく糖尿病です。

壮年期に急に太った、手足が痺れる、夜中に異常に喉が渇く、などの症状があったら、病院で血液検査を受けるようにしましょう。
もし、糖尿病の疑いがあったなら早期発見・早期治療をすることが、今後の合併症のリスクを下げることにつながります。

糖尿病 カテゴリ

糖尿病
糖尿病の種類
糖尿病とは
糖尿病1型と2型
糖尿病になりやすい人
糖尿病の治療法
糖尿病 症状
糖尿病症状チェックポイント
糖尿病の自覚症状
糖尿病と足の症状
糖尿病と皮膚の症状
糖尿病と目の症状
糖尿病の尿
糖尿病と歯周病
糖尿病 血糖値
糖尿病と血糖値
血糖値を下げる食品
糖尿病と高血糖
糖尿病と低血糖
糖尿病 合併症
糖尿病の合併症
糖尿病の3大合併症
糖尿病 合併症 動脈硬化
糖尿病 合併症の予防法
糖尿病 原因
糖尿病の原因とは
1型糖尿病の原因
2型糖尿病の原因
妊娠糖尿病の原因
糖尿病 1型
糖尿病1型について
糖尿病1型の症状
糖尿病1型の治療
糖尿病1型と遺伝の関係
糖尿病 2型
糖尿病2型について
糖尿病2型の症状
糖尿病2型の治療
糖尿病 インスリン
インスリンとは
糖尿病のインスリン療法
インスリンの種類
インスリンの副作用
糖尿病 食事療法
糖尿病の食事療法とは
食事療法の効果
食事療法のポイント
食品交換表の使い方
糖尿病 運動
糖尿病の運動療法
運動療法の効果
効果的な運動療法
運動療法の注意点
糖尿病 薬物療法
糖尿病の治療薬
糖尿病 薬物療法の注意点
糖尿病 薬物療法の副作用
糖尿病 サプリメント
妊娠 糖尿病
妊娠糖尿の症状
妊娠糖尿病の原因
妊娠糖尿病治療
妊娠糖尿病の予防
子供の糖尿病
子供の小児糖尿病とは
子供の小児糖尿病の原因
大人の糖尿病との違い
ペットボトル症候群

糖尿病navi について